たかたのゆめ日記

たかたのゆめ日記一覧

2016.11.10

2016たかたのゆめ食味会 ~盛岡~

2016年11月7日(月)、盛岡駅での試食販売イベントの後、18時よりホテル東日本にて2016年の新米試食会を行いました。

陸前高田市 戸羽市長のご挨拶からスタート。復興の現状やたかたのゆめに込めた想いなどについてお話いただいた後は、農林水産部農林課の村上様より、たかたのゆめに関する現在の取り組みなどについてご説明がありました。

陸前高田市 戸羽市長より、東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社長 大内様へ、いろいろな面でのご支援やご協力に対する感謝の気持ちを込めて、東京・高田馬場駅で収穫したお米が贈呈されました。

たかたのゆめに関わりの深い3名によるトークセッション。
たかたのゆめのおいしさや、これからの展望について意見が交わされました。
<左から>
■陸前高田市長 戸羽 太 様
■おにぎり協会 代表理事 中村 佑介 様
■一般社団法人 ドリームプロジェクト 代表理事/有限会社 ビッグアップル 代表取締役 関 欣哉

世嬉の一酒造株式会社 代表取締役社長 佐藤 航 様より、たかたのゆめを使って作った「たかたのゆめビール」のご紹介。

苦みの少ないやさしい味わいで、「苦いビールは苦手」という方にも人気です。

食味会スタート。大田忠道先生と、ホテル東日本様のご協力で並んだ素晴らしい料理と、たかたのゆめの味に舌鼓。

たかたのゆめのほか、陸前高田市の素材を使ったたくさんの料理。これからの陸前高田市のいろんな可能性を考えたくなるひと時でした。

2016.11.10

JR東日本盛岡「いわて食材発信プロジェクト」たかたのゆめ新米試食販売会

開催の背景

JR東日本盛岡支社様は、「地域と連携」し、岩手の素材を活用して魅力的な商品に創り上げ、JR東日本グループの販売ネットワーク及び首都圏への情報発信力を活かし、ブランド力の向上、地域の活性化、復興支援等を推進する、「いわて食材発信プロジェクト」に取り組んでおられます。

このたび、同プロジェクトの一環として、陸前高田市が農業復興のために栽培しているブランド米「たかたのゆめ」を、駅をご利用のお客さまにご紹介しPRと販売を行うことで、地域の活性化、復興支援につなげることを目的に、「たかたのゆめ」新米試食販売会を、盛岡駅で開催いただきました。

日時:2016年11月7日(月)17:00~17:15
会場:盛岡駅2階北側コンコース

試食販売会の様子

主催と来賓によるテープカットでにぎにぎしく始まりました。
<左から>
■東日本旅客鉄道株式会社 盛岡駅長 千葉 利博 様
■陸前高田市 農林水産部部長 千葉 徳次 様
■陸前高田市 市長 戸羽 太 様
■東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社長 大内 敦 様
■JR東日本東北総合サービス㈱盛岡支店 大地館 副店長 亀橋 昌子 様

陸前高田市戸羽市長と、料理人大田忠道氏によるご挨拶。
ゆるキャラとしてゲスト参加の東北BRTキャラクター「おっぽくん」(戸羽市長となり)と、陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」(大田先生となり)も、会場を明るく盛り上げてくれました。

セレモニー終了後は、「たかたのゆめ」新米で作ったおにぎり200個(2個セット)を無料配布。
岩手大学の学生さんもかわいい姿で手伝ってくれました。

盛岡駅「大地館」前 特設コーナーでは、たかたのゆめ関連商品の販売も行われ、駅を行き交う方々が足を止めてご覧くださり、たくさんお買い上げいただきました。
また、駅構内の店舗(iwate tetoteto/南部いろり庵/GOOD TIME CAFE/そば処はやて盛岡南口店)では、当日限定でたかたのゆめを使ったメニューが提供されました。

11月7日より約1か月、盛岡駅、宮古駅、新花巻駅、水沢江刺駅、平泉駅、一ノ関駅の6駅11店舗にて、下記商品の販売をいたします。(店舗により一部の商品のみの取り扱いとなる場合がございます)

「たかたのゆめ」白米(精米2合)

「たかたのゆめ」 分つき米
(胚芽精米/7分つき2合)

「たかたのゆめ煎餅」

「三陸パエリア にゃむにゃむ」
(たかたのゆめ使用)2人前

「たかたのゆめエール」330ml

「たかたのゆめ」を使った
iwate tetoteto オリジナル弁当
(20食限定)

2016.09.11

「たかたのゆめ」をみんなで作ろう@高田馬場ついに稲刈りです!

9月10日の土曜日に、5月の田植えのイベントと同じ場所で稲刈りのイベントを開催しました。

今回も「たかたのゆめ」の首都圏での認知度の向上と、陸前高田市がスローガンとして掲げる「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を「たかたのゆめ」を通してPRするとういうイベントです。

戸羽太市長、鳥海仁克高田馬場駅駅長、中村祐介おにぎり協会会長、ヤフー所属障がい者アスリート、加納慎太郎選手の

挨拶。

有限会社ビッグアップルより、ヤフー所属の障がい者アスリートの加納 慎太郎選手に東京パラリンピック出場を祈念し、
出場までの支援活動として「たかたのゆめ」を提供させていただくことになりました。
加納選手は、車いすフェンシングで東京パラリンピック出場を目指しています。
新宿区立戸塚第二小学校の生徒さんとご来場の皆様で稲刈りをしました。
稲のおかれた環境によって生育具合の違いなどの説明もありました。
農家の方々には頭が下がりますね。
稲刈後に、東京農業大学の学生からお米に関する講話と、精米体験がありました。
子供達は懸命になってビンの中の玄米のぬかをつつき、昔の人はお米を食べるまでこうやって作業していたとの説明に耳を傾けていました。
イベントの最後には、「たかたのゆめ」の塩おにぎりをご来場の皆様に配布させていただきました。
今回のイベント開催にさいしましては、JR東日本様、新宿区様、日本たばこ産業様、ヤフー様、そして、当日まで苗を栽培していただいた戸塚第二小学校、保善高等学校、ヘレン・ケラー学院の皆様方に厚く御礼を申し上げますと共に、様々な点においてご協力いただいた方々に感謝申し上げます。
今後とも「たかたのゆめ」と「陸前高田市」をよろしくお願いいたします。

2016.06.21

2016年たかたのゆめ田植え完了いたしました!

2016年5月29日岩手県陸前高田市横田町の「川の駅よこた」でたかたのゆめ田植え式が今年も晴天の中実施されました!

地元の園児たちはじめ県外からも多数参加。

岩手県内初の新・OMOTENASHIご当地グルメ 「ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳」にも使用されている

たかたのゆめ

田植えの後は全員でたかたのゆめおにぎりとホタワカ御膳のホタテの天ぷらをおいしくいただきました!

ゆめちゃんも参加

戸羽市長も子供たちに田植え指導!?

2016.05.16

東京で田植え!「たかたのゆめをみんなで作ろう@高田馬場」2016年5月13日

東京・高田馬場駅前で「たかたのゆめ」の田植え!?
小さな田んぼの箱を使った実際の田植えイベント「たかたのゆめをみんなで作ろう@高田馬場」を行いました。
陸前高田・戸羽市長をはじめ、来賓として新宿区長の吉住様、今回このイベントへの協力を快諾いただいたJR高田馬場駅・朴舘(ほうのきだて)駅長様、人気ブロガーのフォーリンデブ・はっしー様、おにぎり協会・中村理事様、そして「ノーマライゼーションと言う言葉がいらないまちづくり」をすすめる陸前高田市のためにと、特別ゲストとしてヤフージャパン所属の障がい者アスリート・車いすフェンシング東京パラリンピック強化指定選手の加納選手にも参加いただくという豪華な顔ぶれ。
田植えは新宿区立戸塚第二小学校5年生のみなさんが来賓の方々と一緒にワイワイと、戸羽市長の田植え指南もあり、とてもにぎやかなひと時に。こどもたちの手で、小さな苗が小さな田んぼに並びました。
植えた苗の一部は、なんと高田馬場駅のホームで育てていただきます!山手線ホームの目白側の端っこに白い箱が並んでいます。うまくいけば8月末か9月頭頃の収穫となる見込みです。
高田馬場駅を利用される方は成長していく姿を是非見てあげてください。米の育つ本物の姿を見たことのないお子様などには特にお勧めです!(ホーム端の駅長事務室前あたりで、通常は自由な立ち入りができない場所のようなので、ご覧になる場合は駅員の方に声をかけていただくとよいかもしれません)
後援いただきました新宿区様、東日本旅客鉄道株式会社様、日本たばこ産業株式会社様、ヤフー株式会社様、一般社団法人おにぎり協会様には心より御礼申し上げます。

陸前高田市・戸羽市長。陸前高田市の実情などについてお話いただきました。

新宿区長・吉住様にも企画実現のためにたくさんのご協力をいただきました。

JR高田馬場駅・朴舘(ほうのきだて)駅長様は偶然にも岩手のご出身でした。

人気ブロガーでお米ソムリエ。いろんな形で陸前高田を応援いただいているフォーリンデブ・はっしー様

たかたのゆめを認定米にしていただいている、一般社団法人おにぎり協会中村代表理事様。

ヤフージャパン所属障がい者アスリートで車いすフェンシング東京パラリンピック強化指定・加納選手。

戸羽市長の植え方指導を聞いて「田植えは初めてです」という戸塚第二小学校のみんながおそるおそる土に触れていきます。

馴れてくると、ゲストのみなさんと和気あいあい。でも、ふざけることはなく、丁寧に丁寧に植えてくれました。

無事植え終えて、みんなで集合写真。とても暑い日ざしの中、子供たちが頑張ってくれました。

植え終えた小さな田んぼの一部を高田馬場駅のホーム北口側の橋(駅長事務室前付近)に置かせていただきました。すぐ横を山手線が走るこの場所で、苗が育っていく経過を見守っていきます。

ページの先頭へ