たかたのゆめ日記

月別アーカイブ

2015.07.05

横浜・相武山小学校「たかたのゆめ」で体験学習

2015年6月12日(金)、神奈川県の横浜市立相武山(そうぶやま)小学校で、5年生の体験学習の一環として「たかたのゆめプロジェクト」活動がありました。

体育館で5年生(3クラス111名)に、陸前高田市の担当者が震災の被害や復興の状況や「たかたのゆめ」の取組みについて説明。

また、生産者の白川周一さんが、農業復興にかける思いなどの講話を行いました。

その後はおまちかね、学内に設置された約18平方メートルの学習田で「たかたのゆめ」の田植え体験!

子どもたちは、白川さんや先生から手ほどきを受け、1株、1株、丁寧に植えていました。

中には、「今まで田んぼを見たことないよ。」などと話す子どもがいたり、田植えに夢中になるあまり泥だらけになってしまう子どもがいたり、農業にふれあう貴重な体験学習になりました。

その後、生産者、関係者が各クラスに招待されて、子どもたちと一緒に給食を食べました。

田植えの勉強の後だけに、「いい匂い!モチモチしておいしい!」「ツヤツヤして見た目もきれい」などとその美味しさを十分に堪能してくれました。「いろいろ教えてくださってありがとうございました。」「稲刈りにも来てね。」と子どもたちは、今から収穫が楽しみな様子でした。

ページの先頭へ