たかたのゆめ日記

2017.08.27

2017年の田植え無事終了

2017年5月20日。

絶好の田植え日和となった陸前高田市では、「たかたのゆめ」の田植えが行われました。

今年は栽培面積を約56ヘクタールにまで拡大。
2012年、種もみ作りのために植えたのはわずか1.5反歩(約0.15ヘクタール)だったことを考えると、とても感慨深いものがあります。

秋のおいしい新米が、たくさんの人に届きますように。

高田のゆめ田植え式-271
高田のゆめ田植え式-35
高田のゆめ田植え式-264

また同日、「たかたのゆめ」の田植え式が「陸前高田市ライスセンター」をメイン会場に、生産者をはじめ、支援企業や関係団体の方々約80人が参加して開催されました。

メイン会場からほど近い水田で、参加者が泥の感触に歓声を上げながら、今年の豊作を願い丁寧に苗を植えました。応援に駆け付けてくれた、たかたのゆめちゃんも見事な田植えを披露。田植え後は、お楽しみの交流イベント。参加者が協力して約400個のおにぎりを並べ、おにぎりアート(ゆめちゃん)が完成すると、会場が笑顔に包まれました。

そして、本日もっとも正確で美しく田植えを行った方に贈られる「ゴールデン田植え賞」が発表され、選ばれた3人に「たかたのゆめ」精米5㎏と1㎏の巨大おにぎりが贈呈されました。

また、午後からは、陸前高田市で初めてたかたのゆめが栽培された「発祥水田」において、関係者が見守るなか田植えが行われました。

今年のたかたのゆめの栽培は、約56haに拡大しています。

秋にはおいしいお米が収穫できるよう大切に育てます。皆さんご期待ください!!

ページの先頭へ